ムダ毛を抜くと、ムダ毛が生えるまでの期間が長くなるので、スベスベの肌を長持ちさせられます。
ムダ毛処理の方法として、毛抜きを使う方法があります。
毛抜きだと一本ずつムダ毛を抜くので手間がかかりますが、指先など細かい部分のムダ毛処理ができます。
ムダ毛処理のときは、使用する道具を慎重に選びましょう。
安すぎる毛抜きだと、先の部分の噛み合わせに隙間ができてしまい、ムダ毛を上手く掴めない恐れがあります。
ムダ毛を掴めないと、ムダ毛が途中で切れて毛根部分が残ります。
そして、皮膚の下で毛が成長すると、埋もれ毛になってしまいます。
ある程度の値段の毛抜きを使えば、ムダ毛をしっかりと掴めるので、ムダ毛が切れて埋もれ毛になる心配もないです。
ムダ毛処理をする前には、蒸しタオルで毛穴を開いておきます。
そして、ムダ毛を抜くときは、毛の流れに沿って抜くようにしましょう。
毛穴が閉じたままの状態だったり、毛の流れに逆らったりしてムダ毛を抜こうとすると、皮膚が引っ張られて痛みが生じます。処理が終わった後は、冷たいタオルで毛穴を閉じるようにしましょう。毛穴を開いたままにしておくと、毛穴に雑菌が侵入して炎症が起きる可能性があります。

18歳になると、すでにオシャレなどに目覚めている年齢ですよね。
その中のひとつの選択肢として、永久脱毛をしてみたいと思っても不思議ではありません。
しかし、脱毛は多少なりとも負担のかかるものですので、18歳で脱毛しようとする場合は、全てを慎重に行わなければなりません。
家庭用の脱毛器で永久脱毛しても良いのですが、やはり専門家の意見が聞ける脱毛エステに通うのが良いと思います。
肌の調子なども確認してくれますので、非常に安全です。
カウンセリングやパッチテストなどで、自分の肌の調子が分かるようになっています。
しかし、エステによって年齢制限が異なってきますので、事前に調べておくことをお勧めします。
未成年は不可のエステ、小学生でも通えるエステ、15歳以上であればOKのエステ、18歳以上であればOKのエステ、生理がきた方限定など、使っている機器によって決めていると思うのですが、本当にさまざまな規定があります。
どの脱毛エステを選ぶにしても、保護者の同意書が必要になってきますので、まずは保護者に相談することをしておくと良いでしょう。
永久脱毛は医療行為に含まれますので、慎重に事を運びましょう。
何かあってからでは遅いのですから。